膀胱がん

膀胱がん

膀胱にできる癌の総称です。約90%は膀胱の尿路上皮に発生する尿路上皮がんです。そのほかに、扁平上皮癌、小細胞癌、腺癌などがあります。組織の違いにより、癌の性質も変わってきます。多くの患者さんは、痛みのない赤い血尿にびっくりして受診されます。

症状

主な症状は血尿です。そのほか、排尿時痛や、排尿困難を伴うことがあります。初期は、痛みがないことが多く、血尿もたまにしか出ないため受診が遅れ、癌が多少進行している症例もありますので、気を付けましょう。

検査

検尿

血尿の確認や、尿細胞診を行い癌細胞の有無を調べます。

超音波検査

膀胱に尿をためて膀胱壁の状態を確認します。腫瘍があると、膀胱壁が不整に盛り上がっているのが確認できます。また、腎、尿管に影響がないかを同時に確認します。

膀胱鏡検査

尿道から膀胱へカメラを挿入し膀胱内を確認する検査です。典型的な膀胱癌は、ブドウの房のような形をしており、大きさ、部位の確認をします。

CT検査

膀胱がんの転移の有無などを調べます。

MRI検査

主に膀胱腫瘍の筋層への浸潤の深さなどを確認します。

治療

手術療法

病気の深達度によって変わってきます。

経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-Bt)

内視鏡を使って腫瘍を切除する手術です。膀胱癌が見つかった場合、まず初めに行われます。治療と癌の筋層浸潤度を調べる目的で行います。内視鏡手術ですので、患者さんへの負担は比較的軽いです。

膀胱全摘+尿路変更術

TUR-Btにて癌が筋層以上まで浸潤していて、画像診断などで膀胱外に大きく癌が飛び出していない場合に行います。
膀胱をすべて取り除き、腸管などを利用し代用膀胱を作り尿路変更を行う手術です。

膀胱注入療法

膀胱癌は非常に再発の多い癌です。再発を抑えるために、術後膀胱注入療法を行う場合があります。注入する主な薬剤は、BCG,マイトマイシンC、アントラサイクリン系抗癌剤などを膀胱内に注入します。

化学療法

転移などを認めた場合に行います。
手術や画像診断で膀胱外への腫瘍の存在が確認された場合、全身治療として化学療法を行います。

DR.BRIDGE|クリニックホームページ作成クリニックホームページ制作
keyboard_arrow_up